原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 裁判官 | main | 喝采 >>

水芭蕉

水芭蕉酒には弱いものだから

百年一万年一瞬止まらない

ナショナリズムを煽って法人税減税

集団的自衛権とリンゴ追分

松竹梅とか天地人えいか言う祭
- | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

水芭蕉酒には弱いものだから

夏がくれーば・・思い出す・・
あの白い花です。
あの歌といっしょに美しい思い出として引き出しにしまってあるのですが、今年もそのときがきたのですね。
お酒に弱いとか、女に弱いとか、めんどうなことに弱いとかいいながら夏を乗り切ってしまう
のもおつなものかもしれませんね。
乙姫 | 2014/06/28 10:43 AM
百年一万年一瞬止まらない

 一定の速度で動くベルトコンベアーの上、一度ものを落としたら拾いに返ることは出来ない。
「失敗」と名付けて記憶することは出来る。
長く生きているとその数も半端ではなく、もう数えるのもめんどう。
どんどん生まれ来る新しい道を晴れ晴れと歩くためにもうみんな忘れよう、それがいい。


本多 | 2014/06/29 3:23 PM
ナショナリズムを煽って法人税減税

 NHKでは若い人に関心を持ってもらうために、とかでお笑いをあちこちに取り込むようになったらしい。
楽しい面白い、ばっかじゃないのくらいの浅さしか耕すことをしないで社会人になってゆくのかなあ。
心配だなあ・・不満だなあ・・
政治家の笑い声はふぉっふぉっふぉと聞こえる。
ふふ句 | 2014/06/30 1:45 PM
集団的自衛権とリンゴ追分

集団的自衛権はまずそう。
リンゴ追分なら近づいてみたい。
歌詞を検索してみて驚いた。

リンゴの花びらが風に散ったよな
月夜にそっと散ったよな
津軽娘は泣いたとさ、つらい別れを泣いたとさ
リンゴノ花びらが風に散ったよな・・

たったこれだけ?
ひばりさんが歌ったから心の底に沈んでいるのだろうか。
りんごの白い花は散ってもちゃんと赤い実になって、歌われ食べられ心に住み着くんだから
集団自衛権なんかと並べられるのは気の毒。
りんりん | 2014/07/01 10:26 AM
松竹梅とか天地人えいか言う祭

自分でいいと思えたらそれでいいのではあるが・・、大勢の前で「格付けされること」がやはりうれしい。
自分のすごさに気づいてくれる他人がいて、自分でもその気になれる。
いつもおとなしくしている必要もない。ほんとは自分の偉いところも見て欲しい。
一番になりたい。高いところでトロフィーなんか受け取りたい。尊敬されたい。
お祭りってそういうもんだもの。
ということにすればいいか。
つまり | 2014/07/03 1:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045105
この記事に対するトラックバック