原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熱い | main | 水芭蕉 >>

裁判官

福井地裁に裁判官がいるらしい

味酒古町木屋町城北線時効

窓は西向き男の罪は許される

足湯だけでラーメンを極めたと言う

男は見てしまったそこに言葉があった

 
- | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

足湯だけでラーメンを極めたと言う

言いたい人にはいってもらいましょう。
ふーん偉いねえ・・と聞き流しましょう。
「すごい」を貯めている人はもっともっと欲しいと思っているらしく、
すごいですねえ、に引き寄せられるようです。
いろいろですが、どうもこの手の方は苦手。
れん | 2014/05/26 11:11 AM
福井地裁に裁判官がいるらしい

 広辞苑には裁判官は「その自主性を最大限に保証するため、すべての権力から独 立し、憲法および法律にのみ拘束される」とある。
福井地裁にはかっこいい本物の裁判官がいるらしい。
 AKBよりかっこいいな。
差万句 | 2014/05/27 10:19 AM
男は見てしまったそこに言葉があった

 名言を歩道にちりばめている街があるとか。通行人が立ち止まり、うーん・・と言葉を飲み込んでいる様子をテレビで見た。
  ※人間にとって成功とはいったいなんだろう。
   結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、
   努力したかどうか、ではないだろうか。    岡本太郎
  ※他人のものさし 自分のものさし
   それぞれ寸法がちがうんだな         相田みつを 
  ※死ぬこと以外はかすり傷・・・      沖縄にいたお嬢さん
 何かのついでに思いがけない言葉が転がってくることもあるかも。
小出 | 2014/05/27 1:20 PM
味酒古町木屋町城北線時効

 伊予鉄城北線は路地を走る。ところどころで行き違い電車の待ち合わせがあったり、それをやさしさと言うか、なつかしいと言うか。
 待って出会って、ほっとして出発。
たまに何かの都合で、次の待ち合わせ駅まで走って下さい、などと連絡し合っているのを見かける。
基本的に城下町の気分に合う電車なのだ。
時効ですか・・それもいいでしょう。と気を取り直して走ることも出来よう。
北 | 2014/05/30 9:04 AM
窓は西向き男の罪は許される

その窓から見えている初夏の街、何事もないような、
見えない渦が絡まり合っているような気温ではある。
男にもそりゃあいろいろあったに違いない。
知らないだけで、お堀の白鳥にだって大変なことがあったらしい。
長く生きてきて、悪意のない無数の線に全く触れずに
ここまで来たとは思えない。
男が悪い訳でもなく周りが悪いわけでもなく、
月日は「いいんだ、いいんだ」と言いながら流れてゆくのだろう。
岡本 太井 | 2014/06/01 9:33 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045104
この記事に対するトラックバック