原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3-11 | main | 業務停止命令 >>

肉食系

レースのカーテンも東大までの人

東大までの人を除染してあげる

あなたのもノーベル平和賞はとれる

抽象の極楽に私はいません

放射能たちが笑ってごまかしている
- | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

抽象の極楽に私はいません

きれいごとは美しくありません。おいしいものの追っかけは見たくありません。去年と同じように咲いいるすみれには感動を覚えます。
そこにこそ極楽がありそうです。きっとあなたもそのあたりに。
ほたる | 2014/03/25 8:11 AM
放射能たちが笑ってごまかしている

 どうしようもないことでも「笑顔ならごまかせる」のですかね。
大きな輪を構成する笑顔もなんだかなあ・・・空恐ろしい。
なんでも受け入れてしまう笑顔はむなしいというより怖い。
笑顔のお面が怖いのと似ていることに気がつきます
とまと | 2014/03/25 8:22 AM
あなたのもノーベル平和賞はとれる

 あなたのもっている優しさ、奥ゆかしさ、風情、あるいはハンカチ、ハサミ、ホッチキス・・「も」平和的なんでしょうね。
 ケチらずにどんどんあげて欲しい平和賞。
主婦が三人平和賞のメダルを見せ合っている図はすごーくいいなと思うのですね。
ばら | 2014/03/26 8:38 AM
レースのカーテンも東大までの人

 春の陽射しをやわらかく透かしてレースのカーテンがゆれる部屋、
 春なのに悩みがあるのです。
どうもやっちゃったみたいなんです。
ここにいると居心地が悪く自分が朽ちてゆく
感じです。
 海に近い家のカーテンは朽ちやすい(レースのカーテンはなおさら)。
花水木 | 2014/03/28 9:44 PM
東大までの人を除染してあげる

 除染が済んだ人は、関節が柔らかくなって
言葉にもうるおいが戻りますかね。
 東大という箱物に入ってゆく後ろ姿はなぜか肩や腰によけいな力が入っているように見受けられる。
おいしい漬け物にって出てこられることを期待します。
春 | 2014/03/31 9:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045100
この記事に対するトラックバック