原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金魚 | main | ゼロ >>

化ける

仁義礼智信の順に化ける

君が代の君はYOUだと言うのんき

二度押すと消える二進法の恋

中高一貫校で養殖した平目

穴は迷いの天上天下唯我独尊

東西から南北へ十字切るどくだみ

 

 

- | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

仁義礼智信の順に化ける

なんとも いい句です。
過日さる大会で秀句に採られましたが、採った選者の川柳眼と教養に敬意を表します。
戦前の修身の教育で教えられた この生き方がいつのまにか忘れられてしまいました。

「仁義なき戦い」や「冷痴呻」的な人が見受けられます。
広島抗争の映画「仁義なき戦い」の小林旭のセリフを思い出します。
「枯れ木に山がつぶされるわい」
高齢化社会のことではありません。

それにしても「仁義礼智信」の順に化ける(身に着けていく)人としての生き方を説いている作者はタダモノではありません。
小林 旭 | 2014/02/10 10:57 PM
東西から南北へ十字切るどくだみ

 まあそういうことにしておきましょう。
どくだみの花は白く、詐欺師としてもけっこう上級だということです。
十字など切って反省することもあるんですかねえ!
たぶんそれもポーズに過ぎない・・とどこまでも疑い深い私はどぐだみ(みに濁点が付けられなくて残念です)。
どくだみ | 2014/02/11 10:28 AM
二度押すと消える二進法の恋

2月は恋の季節?チョコレートと恋心をシーソーに乗せてみたりして遊ぶ季節。
老人の詐欺師が現れ、ちょっとびっくり。
進歩的な老人だろうか?
「ああでもない」と「こうでもない」の違いについて説明できない。
1と0の違いは分かるが差の大きさに気がついていない。
ばっは | 2014/02/12 8:32 AM
仁義礼智信の順に化ける

 化けるを反対に「化けの皮が剥がれる」ととると、この句に陰影が付き、面白いと思いました。
化学変化ではありませんから、いろいろの化け方ができるでしょう。
かわい | 2014/02/12 9:37 AM
仁義礼智信の順に化ける

 「順」を考えてみました。仁義なんていうのが一番先に化けるのかも知れません。街宣車のいさましさは、その前触れでなければいいが。
二谷 | 2014/02/12 10:03 AM
穴は迷いの天上天下唯我独尊

迷うという楽しさを過去形で眺めると、空と海の入り交じる青いところのような美しさです。
迷いのない行動や言葉には誌がないので魅力的ではないと感じています。
唯我独尊とうそぶく人は圏外にして、どこまでも迷っていたいと思っています。
ほたる | 2014/02/13 8:46 AM
中高一貫校で養殖した平目

普通の養殖とはひと味違う、感ありの中高一貫校の平目。
どこがどう違うのか、味わってみたいと思わせてくれる。
それにしても・・ソチでメダルを取った少年たちはどこで養殖されたんだろう。

れん | 2014/02/14 3:15 PM
君が代の君はYOUだと言うのんき

君が代、日の丸を押しつけるだけ押しつけて、意味についてはあまり教えてもらってない。
 湿り気の多い「君が代・日の丸」は布団を干すように時々日に当てるべきだと思う。
ふんわり乾いた君が代はきっと・・・。
だから、YOUでもいいんだと思う。
富貴 | 2014/02/16 8:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045095
この記事に対するトラックバック