原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ノラ | main | まつり >>

ノーベル賞

ノーベル賞を狙える位置にせんりゅう

分からない句は無視せよ電子レンジ

瞬間芸の甘さで汚れてしまう

一律に割礼集団的自衛権

芸術性に逃げると引き返せない

男はそれを芸術に高めてしまう

駄洒落のように男の脳の処方箋

点を打って濁す日本語のこころ

証言を狂言としてプレイボール

早い者に知らない者が勝つレース
- | permalink | comments(9) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

分からない句は無視せよ電子レンジ

分からないわからないワカラナイ、ともやもやしているのはある種の散歩。
前へ歩いて行けばいいんじゃないの?
分からないままでもいいし、何かが見つかればそれもいいし。
だいたい、分かろうとしなくてもいい、と思うのが一番簡単。
と電子レンジが申しております。
ソラン | 2013/12/22 8:59 AM
芸術性に逃げると引き返せない

言葉だけでみんなを笑わせる職業ってすごい。
芸術的でもある。
言い訳も芸術的になると、相手はどうしていいかわからなくなって、言い返す力を失うようでもある。
しかしいつも芸術性に逃こんでいると、自分のいる場所を把握できなる危険性大。
お笑いの世界もきっとそうだろう。
タマ | 2013/12/24 1:49 PM
証言を狂言としてプレイボール

これ面白い。
先のわからないゲームほど面白いものはない
。明日はどっちだ!とかいながら進むしかない。
なにしろ「プレイボール」の宣言があったんだもの。
中だるみ、充電、言い訳しながらどっちにしても明日は来る。

るんば | 2013/12/26 10:15 AM
瞬間芸の甘さで汚れてしまう

そんなことで笑ってくれてありがとう。
これくらいでいいのならしばらくやっていけるかも。
うさぎさんはそのノウハウを本にしよう、と
おもうようになりました。
3万冊は売れる予定でした。
世間はそんなうさぎさんを
なんだかなあ・・と無視するようになって
一見おだやかな日々が過ぎてゆきます。
めいこ | 2013/12/28 8:58 AM
早い者に知らない者が勝つレース

ベテランといわれる人々は、若い人よりちょっと偉いような気がしているのだろうか。
年齢なんか意味がない。だから年齢に関しての質問には答えない。
早い、高い、うまい、きれい、以外のところで
楽しんでいると望まなくても勝ってしまっている事が多い。

どらえ | 2014/01/03 9:23 PM
ノーベル賞を狙える位置にせんりゅう

「川柳を教科書に」というフレーズは何度か聞いたことが・・。
楽しくない川柳では未来も無理かも。
ご託を並べない自由なせんりゅうならいけるかも。
ノーベル賞であれ賞と名のつくものに興味はないけど。
こーら | 2014/01/04 9:10 AM
点を打って濁す日本語の心

母音にも濁点をつけて声に出してみる。
単なる「あー」よりも「ばぁー」に似た音は確かに面白い。
 濁るっていいね。青空よりは曇り空、正しいよりはまあまあ、
 日本語は深くてやさしくて面白い。
真葉 | 2014/01/04 2:58 PM
男はそれを芸術に高めてしまう

それって何よ!たぶん・・言いたくないことなんだろうな。
よく「卑怯者!」と思っていたけど、近頃は「まあ仕方ないか」
と思う確率の方が高くなったみたい。人間が出来てきたのかなあ。
芸術に高めるのはいいけど、威張らないでね。
めいこ | 2014/01/04 3:05 PM
分からない句は無視せよ電子レンジ

電子レンジのことはよく分からないのに、毎日使わない日はない。
難解句という塊も電子レンジで温めてみたらどうだろう。
それがダメならよく切れる包丁でスライスは?
断面が意外に美しいかもしれない。
そこからなにか見えるかもしれない。
どう扱っても、句は文句を言わないはず。
いまり | 2014/01/07 3:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045090
この記事に対するトラックバック