原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩的ナンセンス | main | 忘れないために >>

乾門いぬいもん

 乾門女は冬の季語だろう

戸無門女が冬の季語を出る

移り箸女性官能小説化

カクテルグラス光の三原色になる

折りたたみ式の機転を貸しましょう

iPS細胞を反則と言えますか

女偏は反則立心偏は原則


- | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

女偏は反則立心偏は原則

 なによりも「心情美」。
見た目がきれいで安心。ほっと出来ます。
癒されます。その方向でいきましょう。・・
柵の中で遊ぶだけではつまらなくなったら
ともだちがいなくなりますが、そんなことはどうでもいいと思うことにします。
私小説のジャンルに傾いてゆく、女偏に近づいてゆくのは楽しい限り。

れみ | 2012/11/07 9:43 AM
iPS細胞を反則と言えますか

ノーベル賞をもらうくらいですから「素晴らしいこと」ではないかと思いますが・・。
神様は何というか、
原爆も原発も人が作ったもの。
地球にあるものから新しいものを作る技術は人間に許されている事なのかも知れません。
戦争も止めないし、犯罪もいじめもなくならないし、にんげんのすることに口や手を出す
ことは神様もしないのではないかと
思ったりします。
葵 | 2012/11/08 9:30 AM
乾門女は冬の季語だろう
 乾門は皇居、京都の御所にもある門の名前だそうです。
関係ないので知りませんでしたが、
関係なさが冬の季語に通じるような気もします。
ここに出てくる「女」も冬の季語ほどに距離があるのかもしれませんね。
男が「女」という時の気持ちと、女が「男」というときの気持ちの違いってものに最近気がつきました。
男には憧れが少しはあり多少の美化をしているのではないでしょうか。
女はもう嫌気がさしているときにしか使わないような気がするのは私だけでしょうか。
きんぎょ | 2012/11/12 9:54 AM
移り箸女性官能小説化

お豆腐料理の店で聞こえてきた話。
「もうご馳走が続いて・・お茶漬けが食べたいわねえ」
「私はプチ断食でもしたい気分よ」
おいしいものにも、美しいものにも、濃厚なものにも、あげくは水のようなものにも
飽きることがあるのかも。
昨日の事も明後日のことも官能小説に変化させてみると、意外な味が楽しめるかも。
わさび | 2012/11/14 1:58 PM
折りたたみ式の機転を貸しましょう

予報では午後から雨と言っていたけど・・・けっこう当たるもので、降ってきました。
「どうぞ使って下さい」と差し出された折りたたみの機転、そのタイミング、
やさしさを感じました。
きっとお返しにまた来ますね。
ほたる | 2012/11/17 1:36 PM
戸無門女が冬の季語を出る

冬になると手鞠で遊んだことを思い出す。
手鞠がないと冬は越せなかった。なのに・・手鞠はよくなくなった。探してもさがしても見つからない。
「そんなになくす子にはもう買って上げない」と言われてほんとに悲しかった。その悲しみをありありと感じられる。
季語を出る女性って、あちこちでだれかがなくした毬のような気がしてならない。
だから探しても見つかるとこがなかったのだと納得がいく。
ほたる | 2012/11/17 1:50 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045082
この記事に対するトラックバック