原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちあきなおみ | main | アニメの手法 >>

また穴

 原因も経過もその穴の餌食

逆転の穴で生き延びる粘着力

奥の方から残り時間を刻む穴

川柳の穴とはS極の磁場

磁場あらしを座敷わらしと呼ぶ穴

穴という穴吸入圧縮爆発排気

知らないことが善意であり 殺意

鉄道唱歌仮説トイレも境涯句

穴は迷路天上天下唯我独尊

目玉から穴が覗ている場合

今日の料理には穴のあるくらし


- | permalink | comments(10) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

鉄道唱歌仮説トイレも境涯句

長い長い鉄道唱歌の文字をなぞっていたら、
ずらーっと並んだ仮設住宅を思い出した。
その家の前にゴーヤやアサガオを植えて
ほんの少しのやさしさを足す。
生きていることはよかった。
歩いていたら突然・・・ということもあるし、今をじっくり味わうことにしよう。
太陽 | 2012/06/13 2:15 PM
原因も経過もその穴の餌食

週刊誌の中身もそんな感じ。
閉じられているのは一辺で残りの三辺が口である。
大口で世の中の面白そうなことを飲み込んで
しまう。
飲み込まれないように逃げるくらいの体力はつけておかないと・・・。
太陽 | 2012/06/13 2:21 PM
奥の方から残り時間を刻む穴

残り時間を感じるようになって、その音が聞こえ始めた。
ある人は「そんなん耳鳴りだよ」と相手にしてくれない。
ある人は「・・・やはりねえ」と頷いてくれた。
残り時間という言葉に敏感に反応して
「どこか悪いのですか」と電話をしてきた人。
元気でもそうじゃなくても終わりはあるということをホントはみんな知っている。
あん図 | 2012/06/13 2:34 PM
逆転の穴で生き延びる粘着力

サッカーより野球、逆転劇が多くて面白いといと思う。
あきらめないこと・・運を信じること・・力を入れすぎないことも必要かも。
何度も何度も倒れたとしても・復活という言葉があるんだから、
一度や二度や三度や・・
負けは本当の負けじゃない。
マル | 2012/06/14 10:40 AM
穴は迷路天上天下唯我独尊

穴を掘って弱点をカバーするかしこい動物も、
中には方向音痴もいて自分で張り巡らした穴に迷ってしまうらしい。
賢い人間が「どうにもならない状態」になったら・・立ち上がって自分を大きく見せるか
寝転んで状況の変わるのを待つか、
どうにもなないを楽しむか・・
サスケ | 2012/06/15 8:31 AM
川柳の穴とはS極の磁場

そこはまだ知られていない「パワースポット」のひとつだろう。
真面目に川柳のお勉強をしている人々には見えない場所にあるとか。
人々はなぜか「いいことがありそう」なパワースポットに吸い寄せられるらしい。
目立つため一本の巨大な棒を立て、途中から水が出るものを作ったら、
いつのまにか通りがかりの人が手を合わせ、コインを置いて行くようになった。
はじめからを知っていれば笑える話。
順一 | 2012/06/16 8:58 AM
今日の料理には穴のあるくらし

料理の出来る男性はもてるらしい。
しかしそれだけでは続かないようで、料理のうまい芸人が三度目の離婚をした。
今日のおかず、くらいの軽いのりでいいから息の長いおつきあいをしたいなあと思う。
穴はある日突然ではなく、地盤が弱くなってくるのを本人も知りながら、ある日どんと落ちてしまう感じかな。
ブル | 2012/06/17 8:49 AM
磁場あらしを座敷わらしと呼ぶ穴

 廃屋の屋根裏にいるという座敷童を見に行こう、と少年が二人隙間から侵入するという映画もあった。
夏の夕暮れ、里山の一本道、うずくまっている子供がいたので「どうしたの」と声を掛けた。
一本道で「迷っている」という。
どっちから来たのかも覚えていないらしい。
今時着物を着た子供は居ないし、どうも変。
一緒に夕焼けに向かって歩いていたら、その子は消えた。
そして私はコンビニの近くに居た。
ブル | 2012/06/17 9:07 AM
磁場あらしを座敷わらしと呼ぶ穴

いつもとは違う風が吹いている。
最近テレビの画像が一瞬止まり、そこに居た人や物がばらばらに崩れ、また元に戻る。
磁場あらしとはこのことではないかと思ってしまう。
それが座敷童のいたずらだとすると、座敷童も進化したのかもしれない。
穴が進化するように。 ススム
ススム | 2012/06/19 1:11 PM
穴という穴吸入圧縮爆発排気

干潟の平和な風景。カニが出てきた無数の穴、波に隠されるまでの数時 間、したいことがいっぱいある。
 おいしいものを食べたい、知らないところへ行ってみたい、
 ステキな恋に巡り会いたい、見たこともないものに出会いたい。
人間のように物は欲しくないのよね。
どの穴の呼吸も健全。
迷 | 2012/06/19 1:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045076
この記事に対するトラックバック