原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鉄道唱歌 | main | ちあきなおみ >>

念念

 未来とは時と所の相関図

言葉通り言葉に酔っている津波

抽象に酔えない人の瓦礫処理

馬鹿だなあと演歌っぽく伸ばす

考える葦も一年草だから僕

定刻に目覚めるただの単純犯

画家だから字数が足りないのは分かる

過去からも未来からも逃げる言い訳

顔を洗ってからの眼鏡の泣き所

未来のない歴史を竹串に刺して焼く

念あそびの名人核あそびの達人

六月や何を今頃食い中風

狭い穴虎か豹かもわからない

狭い穴虎か猫かが知りたくて

狭い穴生命保険に入れない

野球拳よりもシンプル狭い穴

費用対効果で余命三ヶ月

寝物語も念ものがたりも男のまま

念懸ける念念地鶏念ちどり

尊敬と敬語がねじれ恨みあう

念を持って独り立ちする木綿糸

念切れの梁からバタンと落ちた蛇

念念念 念や念や念念や

江戸前の言葉選びに乾燥した念

念念念ころり懇ろに寝るころり

いつも破壊の部屋で念あそび

いつか破滅の部屋で念念あそび

そして破戒の部屋で文学論

いっそ破談の部屋で三年ぶり

それは念で始まった念から念まで

声を聞いて古い念から裏返る

網ですくうと念の鱗は螺鈿色

あの念もこの念も相手を傷つけてばかり

念はいやらしくてHBでは書けない

偶然は念から逃げるボールペン

念ちゃったって念はあっさり浄土教

拝む祈る念を汚しているばかり

好きだなんて念の因数分解

念が強すぎて葉隠れの忍ぶ恋
- | permalink | comments(31) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

抽象に酔えない人の瓦礫処理

そうなんです。分からないことには嫌悪感だけ。逃げたいだけ。もう三ザルになってやり過ごすのです。という話を聞いた。
そうですか。
引力が絶対なんですね。
もし瓦礫に重さがなくなったら・・と考えてみるとなにかがひらめくような気がしますが。
すべての動詞には添い寝をしてみたいです。
ほたる | 2012/04/20 2:10 PM
狭い穴生命保険に入れない

保険に入れない理由を「特権」のように持っている。
残念なふりをして勧誘を断ることが出来る。
私など相手にしないで、よそで口を動かした方がいいですよ。とも言ってみる。
レンゲが咲いていますね。白ツメ草を近頃あまり見ませんね。
一緒に散歩でもしてみますか?
千絵 | 2012/04/20 2:17 PM
考える葦も一年草だから僕
 一年前にアナタハ違う事を言いましたね、と言われてもネエ、
そんなに記憶がよくないことはアナタも知っているでしょう。
今思っていることを言ったり書いたりしているだけです。
脳の引き出しにも断捨離は必要ではないだろうかと思いますがねえ。
いろいろを引きずらないところが一年草のいいところですね。
和 | 2012/04/20 2:32 PM
念念念 念や念や念念や

その昔、子守りという仕事があったそうですが・・。
あかとんぼの歌に出てくる「ねえや」も子守りだったのでしょう。
背中の赤ちゃんもご主人。
いちにちねんねんねんねんと歌っていたのかもしれません。
お洒落にあけ暮れるお嬢さんには関係ないことですが。
ソーダ | 2012/04/21 8:30 AM
馬鹿だなあと演歌っぽく伸ばす

駄目だよー・・と猫に言うとき、まあいいかが80%くらいはある。
分かり合っている人が何をしようとまあいいのだ。
ほんとに馬鹿なんだからぁ・・といいながらしあわせなのだから。
愛 | 2012/04/21 3:19 PM
過去からも未来からも逃げる言い訳


 政治家は「記憶にありません」というのが決まりだけど・・
普通の人ならもっとましな事を言ってほしい。
僕が毎日生まれ変わっていることくらい君も知ってるだろ?
魚に牛乳って知ってる?
面白い事はいっぱいあるんだから、つまらないことは忘れよう。
メロス | 2012/04/21 3:31 PM
尊敬と敬語がねじれ恨みあう

「根に持つ」という粘着力を持っている人には別の仕事も出来そうな気がする。ねじれたり恨んだりしながら強さを増す根性には尊敬さえ持ってしまう。折角のそのパワー、弱い立場の人のために使って下さい。
諦めない、どこまでも応援するあなたが頼りです。  
メイ | 2012/04/22 8:53 AM
念を持って独り立ちする木綿糸

木綿、手作り、手縫い、それら物もには念がこもっているような。
ふっと目についた絣のバッグに引き寄せられて見ていると、気に入ったのならプレゼントしようか。と息子が言った。
自分のものは自分で買う、と買ってしまったのは何だったのか・・・。
帰って落ち着いてみるとそれほど必要なものでもなかった。
いつか出番があるだろうか。そこへ行くと「木綿糸」はしっかりしていて
目立たずにしっかり力になってくれるような気がする。 
きいろ | 2012/04/22 10:09 AM
念念念ころり懇ろに寝るころり

自分を寝かしつける呪文を覚えると、水に沈むように眠ることが出来る。
水面から水の底まで届かない内にすっかり水と同化してしまうといい。
うまくゆく日もそうでない日も、いろいろあるが、うまくゆく日が多く
なっているのは気温が上がってきたからかもしれない。
その呪文、どこかで手に入れるようなものではない。あなたの頭の中にも
ひとつ用意されているはずだから探してみて。
アリス | 2012/04/22 10:20 AM
いつも破壊の部屋で念あそび
椅子はひとつ、グラスは二つ、花は一本
  手は四本

いつか破滅の部屋で念念あそび
  空色をもっと足してもらわないと・・
  夕焼け色は嫌いです

そして破戒の部屋で文学論
  蛸足配線的、鏡文字的、野焼き的

いっそ破談の部屋で三年ぶり
   掌劇場の中にはそれらしい部屋が用意されていそう。

つらら | 2012/04/22 10:37 AM
声を聞いて古い念から裏返る

 メールよりは電話がいい、生きている感じが伝わるから。
声が届くとたるんだ糸がしゃんと張られるような清涼感もある。
そうそう、夏日になるらしいですね。
とかなんとかつまらない話しかしないのも面白い。
スバル | 2012/04/23 9:41 PM
念はいやらしくてHBでは書けない


ボールペンのお尻にプラスチックのような消しゴムがついていてキレイに消えるという
新しいボールペンを見つけた。
失敗の多い私向き。
よく読めば「宛名には使わないで下さい」
じゃあ「ハガキも駄目よね」
川柳を書くくらいがちょうどいいかも。
いやらしい念を書き付けるにもぴったり。
ぺぺ | 2012/04/23 9:47 PM
拝む祈る念を汚しているばかり

相手の親はなんで謝らないのだろう・・。
娘が家を出て愛する人の所へ行ってしまった
のは私たち両親が悪いのです、それはよく分かっている。しかししかし・・。
誰かに謝って欲しい、が渦巻くのです。
自分からは謝ることが出来ないので仕方がないのです。
何歩 | 2012/04/23 9:54 PM
念懸ける念念地鶏念ちどり

「浜千鳥」って唄があった。
青い月夜の浜辺には. 親を探して鳴く鳥が.
波の国から 生まれでる. 濡れたつばさの銀の色. 夜鳴く鳥の 悲しさは.
親を尋ねて海こえて. 月夜の国へ 消えてゆく. 銀のつばさの 浜千鳥.
悲しいことはあるはず、寂しいことはもっとあるはず。念念、綿綿
ブル | 2012/04/27 3:40 PM
野球拳よりもシンプル狭い穴

 太陽が傾き、穴にもすこしだけ華やぎが満たされるとき・・・。
そこでは何が起こるか分からない。シンプルな穴ではありますが
是非行ってみたい場所。
太陽 | 2012/04/27 3:51 PM
費用対効果で余命三ヶ月

今年はトマトはどうしよう・・昨年の成果は散々だったからなあ。
張り切って大きなコンテナ、野菜用土たくさん、雨に当たらないように
ビニールの屋根、その他心配もたくさん、出来ればおいしいトマトを買ったほうがいいかも。ただその経験はいずれ形を変えて発酵するかも。
元 | 2012/04/29 8:30 AM
寝物語も念ものがたりも男のまま

次に生まれるのなら・・男か女かって話、女性は「やっぱり女性で」
が多いみたいだ。何故だろう?
女性の楽しみは男性にはどこまで行っても分からない、逆またしかり。
なのに女性が楽しそうに見えるのはカラフルだからだろうか。
外側では分からない男の楽しみの深さを知られたくはない。
マチス | 2012/04/29 8:43 AM
狭い穴虎か猫かが知りたくて

虎か猫かを確かめてどうしようというのだろう。
どっちにしても一緒にいなくてはいけない関係じゃないの?
できれば猫であって欲しい。もっと小さな小鳥くらいであってほしい。私の邪魔をしないで欲しい。
でもいなくなって貰っても、空気が薄くなるような気がする。
タラ | 2012/04/30 9:40 PM
念あそびの名人核あそびの達人

きちんと服装を正し、一人一人間隔を取り、猪口に酒を注ぐ、その音を楽しむ人々がいる。トクトクトク・・ああなんていい音でしょう。
注ぐたびに音が違う・・音に酔う 場に酔う。大人の遊び。
決まり事などいらない大人であることを楽しむ念。
アリス | 2012/04/30 9:51 PM
念のため風呂の賭け湯を奪い合う

きれいさっぱり忘れなければならないことがあるのだろうか。
念には念を入れて後ろにも足の裏にも何も残してはならない。
ちゃんと元の自分に戻れたことを確かめたら・・
さ、ここから昨日の続きを始めよう。
くじら | 2012/04/30 9:57 PM
未来のない歴史を竹串に刺して焼く

 歴史は繰り返すとか言われているが・・・どこかで行き止まり?
1億年ほど後にしてもらいたいものではある。
ここまでと分かってしまったとしたら、
残さないようにきれいに食べてしまうのはいいなあと思う。
できればこんがりおいしくして。
玉井 | 2012/05/01 3:21 PM
言葉通り言葉に酔っている津波

もしも・・もしも・・とおいしいワインを飲んでいると・・
そんな場面が見えてくる。怖いものは怖い、おいしいものはおいしい。
同情されるのにはもう飽きたんだから。
あおい | 2012/05/02 2:41 PM
念切れの梁からバタンと落ちた蛇

念が切れたのか、飽きたのか、誰かに呼ばれたのか、帰る時間になったのか・・もうビックリさせないで!
熱中していたスポーツにある日突然、興味をなくしてしまった経験あり。
.病気のように何を差し置いてもやっていたのに。不可解。
他が見えていなかったことは確かで、もっと別の場所へ行ってみよう
ということだったかもしれない。
東 | 2012/05/02 2:53 PM
好きだなんて念の因数分解

 「嫌い」にはちゃんとした理由があり分かりやすい。
「好き」はどうなんだろう。よく分からないから、念の因数分解でもして確かめようというのだろう。
好きな色、好きな映画、好きな本、好きなかたち、すきな数、好きな人・・。
中でも「好きな人」が一番分かりにくいのは困ったことだ。
太陽 | 2012/05/12 1:41 PM
狭い穴生命保険に入れない

 銀行が貸す相手を選ぶように、保険会社も相手を選ぶのは当然のことです。
狭い穴にアナゴが身動きが取れないくらい入っているのを見ましたが、
みんな満足げにゆらゆらしていました。
せまい水槽の、そのまた狭い穴に自分から入っていないと不安なんだろうなと思います。
安心な今があるだけでもいいじゃないかと
アナゴたちを見ていて思ったのです。

まる | 2012/05/16 10:04 PM
一進法すなわち一如こそ未来

過去はこんなによく見えるのに、未来はちっとも見えない。
と星野富弘さんが書いていた。ほんとに見えないね。
だから言葉の望遠鏡でなんとか見てみたいといろいろなことを言ってみる。
そしてそれが本当になりますようにと願う。
山 | 2012/05/27 9:31 PM
未来とは時と所の相関図

 次の金環日食が起こる日ならはっきりしている。分からないのは身の回りの小さな事。新聞に載る中くらいの事件。時間の帯の上で何が起きても
まあいいかと思うしかない。
未来はいつも未来である。時間の逃げ水なのだ。
スバル | 2012/05/27 9:32 PM
それは念で始まった念から念まで

始まりは何だったのか・・大波になってしまってから考えても思い出せない。
いまさらそれを思い出してどうなるものでもないし。
このパワーのある内に出来ることはしておこう。
書けることは書いておこう。食べたいものは食べておこう。
言いたいことは言っておこう。
元 | 2012/05/27 9:39 PM
江戸前の言葉選びに乾燥した念
スマートに聞こえる標準語にはしっとり感が足りないなあとは思っていた。早口で断定的な言葉が多いなあ・・とも思っていた。
赤ちゃんにはもっとやさしい言葉で語りかけるでしょ。
言葉にもすぐ伸びてくる棘のようなものがあって、毎日処理しなくては
痛いんだから。
きんぎょ | 2012/05/28 9:15 AM
念が強すぎて葉隠れの忍ぶ恋 **
想いが深すぎて・・と読んでみよう。疲れるほどの深い想いを抱えていると動きが鈍くなります。すこし分散して棚に預けて置いてはいかがでしょう。なくなることはないし、いつでも取り出して読み返す愛読書のように扱うと楽ですよ。経験的な話ではなくなんとなくそう思ったもので、
まちがってたらスミマセン。

あの念もこの念も相手を傷つけてばかり
人は傷つくように出来ているのだから、仕方ないことです。
話しても書いても動いても。できるだけ気をつけながら生きてはいるのですが・・なにしろ人間ですからねえ。
れい | 2012/05/28 9:26 AM
網ですくうと念の鱗は螺鈿色

いけすから夕食用の鯛を掬い上げる民宿のおじさん。今日は二組八名。
みなさんの「おいしい」を楽しみに料理にかかる。 念も生かしておくためにガラスの鉢に水を張り、沈めて置いたのだろうか。しばらく忘れていた念を引き上げてみると螺鈿色の鱗がついていた。
しっかり生きている証拠。さてどのように料理したものか・・・。
メロス | 2012/05/28 9:39 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045074
この記事に対するトラックバック