原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 念 | main | 念念 >>

鉄道唱歌

 鉄道唱歌仮説トイレも境涯句

想像の穴が動いているように

念ずれば人の不幸が金になる

上品な演歌がすきな鼻の穴

フコシマのシにアクセント肌着の匂い

霙は霰にほれたりでけへん

訳ありの念は黒ずむ民間療法

念のため風呂の賭け湯を奪い合う

アトム君セシウム君のものがたり

花隠れ葉隠れ未来なかりせば

一進法すなわち一如こそ未来

黒板に「未来」と書いてある未来

言葉通り十三番地酔っている

アコーディオンの蛇腹も時間の奴隷

時間とは核の最終処分場

山羊が食べてしまった手紙と時間

念は捏造するもの男の料理

あっちもあっちこっちもこっち核あそび

噛み付いても引きちぎっても正常値
- | permalink | comments(21) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

山羊が食べてしまった手紙と時間

白山羊さん、黒山羊さんものんびり春を楽しんでいることでしょう。
私の手紙はどっちが食べたのですかね。
もう一度書く気にはなれそうもなく・・、
もうどうでもよくなってしまいました。
山羊さんのように何も考えず春を楽しむことにします。
こよみ | 2012/04/11 12:52 PM
あっちもあっちこっちもこっち核あそび

 遊び上手な人は回りに迷惑を掛けない。
まだ核遊びに成熟していない人類の未来への責任は多分取れないだろうに。
 平和利用だって言ったって、とばっちりはとばっちり。
一度覚えた核遊びはやっぱり止められないのだろうな。
サスケ | 2012/04/11 9:13 PM
霙は霰にほれたりでけへん

霙(みぞれ)と霰(あられ)の違いが説明できません。
どっちも冷たいことを知ってはいます。
それがですねえ・・・
こまったことに「いけない」とか「でけへん」とか思っていることがそうでもなくなることってあるのです。
自分を責めると苦しいばかり。
否定するのを止めると楽になります。
それもありか、そうそうありだ、これでいいのだ。あさりもゆったりしていますよ。
みゆき | 2012/04/13 2:36 PM
鉄道唱歌仮説トイレも境涯句


一番の汽笛一声新橋を・・・から
六六番の 明けなば更に乗りかへて
     山陽道を進まゝし
   鉄道のリズムにのって進みますが
人生は谷あり、山あり、仮設あり、一筋縄ではいかないもの。
しかししかし、それらをも笑えるなら笑ってみよう。
佐々 | 2012/04/13 2:44 PM
念は捏造するもの男の料理

失敗が怖くては料理は作れない。
男の料理だもの、エイ!とさばいてジャンといためて出来上がり。
テレビではそれでおいしいと言っていますが
ホント?
捏造という字のいやらしさがかくし味だったりして。
るる | 2012/04/13 2:51 PM
念ずれば人の不幸が金になる


芥川賞受賞の田中慎弥氏が短編集を出した。新聞を切り抜いて冷蔵庫に張り付けた。
彼には不幸が友だちのように見える。どんな不幸を蓄えているのか、
不幸と遊ぶ楽しさはどんなものか、ぜひ読んでみたい。
学 | 2012/04/18 1:44 PM
黒板に「未来」と書いてある未来

桜がさいて新しい先生、新しい友だち、新しい教科書、鞄、靴・・・
新しいことに疲れそう。そう黒板には「未来」と書いてあったりして、
受け止めるには大きすぎるものがどんどん押してくる。
負けないように前のめりになって未来を押し返して行かねば、と思ってはいる。
なんとか・・
けい | 2012/04/18 1:50 PM
想像の穴が動いているように

砂に穴を開ける遊びはなぜか楽しかったです。
途中で必ず崩れるところがいいのかもしれない。
今度こそ、今度こそ、やっぱり崩れる穴を掘って夕方まで遊んだことは忘れません。
その時の風の匂いや波の音も。
 三食きちんと食べて、早寝早起きして仕事もしています。
道草が趣味、妄想が特技、公表はしていませんが一番の楽しみです。
春 | 2012/04/18 2:05 PM
時間とは核の最終処分場

ゴミの分別表に従って分別しているのですが、
どこにも当てはまらない物が出てしまいます。
半分ほど使ったペンキの缶。ゴルフ用具を磨くための油が入ったままの小さな容器。殺虫剤の古くなったの。
核の処分にはどれだけの困りものが出てくるか、宇宙へ捨てに行くしかないかも。
ミミ | 2012/04/20 2:02 PM
アコーディオンの蛇腹も時間の奴隷

 あの蛇腹のひとつひとつの中に時間が溜まっているのですね。
人間の細胞のひとつひとつに時計があるという話をテレビでやってましたね。リズムは大切です。たとえ時間の奴隷になるとしても・・仮眠くらいはとるようにしたいものです。    
わさび | 2012/04/23 9:32 PM
噛み付いても引きちぎっても正常値

喧嘩をしない(できない)でこんなところまで来てまったので
下の方を見下ろしても平和な風景が見えるだけです。
 するどい友だちには言われました。ハイハイと言っているのは相手を馬鹿にしているんだ。そんなことでいいのか。彼女はそうとう怒っていました。その怒りって不思議です。正しいかどうかも人それぞれでいいと思うんだけど・・。彼女も馬鹿にされていると感じたのでしょうか。
絶交して10年今頃気がついてもおそい。
さおり | 2012/04/23 10:12 PM
画家だから字数が足りないのは分かる

五七五になっていないのが気になる。中八なんてとんでもない。
見える欠点ならよく分かる。もう耳たこの句にはやたら寛容。なんで?
チイチイパッパじゃあるまいし、まして算数じゃあるまいし、
あん図 | 2012/04/25 2:27 PM
上品な演歌がすきな鼻の穴

真面目で親孝行と評判だった子が鼻ピアスをして里帰り。
 一番驚いたのが両親。聞いてないよー!!
 やはりねえ・・見かけが大事、特に田舎はね。
 髪を伸ばしてちょんまげにして帰った長男に、この家はやれない、
 とうちの母も言いましたからね。上品で目立たないのがなにより。
三平 | 2012/04/25 2:35 PM
定刻に目覚めるただの単純犯

このバスは定刻に発車しまーす。ああよかった、お祝いの会に間に合いそう。夢はどんどん続いて、一生懸命走っている、目的地が分からない、
走っても走ってもそれらしき建物がない、不安の湖の真ん中辺で目が覚めた。まだ6時、お弁当も作れるぞ。ああよかった。
きんぎょ | 2012/05/08 11:09 AM
顔を洗ってからの眼鏡の泣き所

長時間眼鏡をかけていると、眼鏡をかけていることを忘れていたりする。
邪魔であっても便利、便利が邪魔を上回るのは当然のこと。
便利を追いかけて追いかけてどこまで行くのだろう・・・私たち。
洗顔と眼鏡の泣き所の関係がよく分からないけど・・なんとなく納得。
山 | 2012/05/08 1:52 PM
フコシマのシにアクセント肌着の匂い

栃木弁(?)でしゃべりまくる漫才師、あの早口言葉のような芸に巻き込まれ、流されている感じは楽しい。
田舎の風に吹かれるような懐かしさ。
言葉のシャボン玉に包まれる感じ。
ブルースの女王淡谷のり子さんのしゃべりも面白かったなあ。 
雨 | 2012/05/08 1:58 PM
アトム君セシウム君のものがたり

童話の主人公は「アトム君」と「セシウム君」。
ある日海を見ていた二人は同時に胸騒ぎを覚え、顔を見合わせました。
変じゃない?変だね。間違ってない?多分。
アトム君とセシウム君は人間を責めたりしません。
僕たちはしばらく森に隠れていよう、と意見が一致しました。
ぺぺ | 2012/05/08 2:08 PM
花隠れ葉隠れ未来なかりせば

 老人ホームへ小学生がやってきました。
マイクをもって老人に質問。
「将来の夢は何ですか」大きな声でした。

そうだ京都へ行こう。
つらら | 2012/05/08 2:12 PM
言葉通り十三番地酔っている

ここは松山二番町のお店・・五木ひろしが歌うこの歌に飛びついて
二番町だけでなく松山をアピールしようとがんばっているらしい。
酔った勢いだとしても・・・いい話。
サイトウ | 2012/05/08 2:19 PM
困った念は水溶き片栗粉のように

水溶き片栗粉、しばらく置いておくと上澄みと沈殿物に別れる。
それは普通の状態である。困った念はどうなってしまうのかね?
困ったときは歩く、という人の考え方によればここは「かき回す」のが正しいかも。
そしてまた分離、撹拌、分離。
その内「困る」になれてくるという落ちか。 
玉井 | 2012/05/08 2:30 PM
ひょうたんの形の念のたったそれだけ

ひょうたんの形は生き物の胴体にも似ている。
「念」って何だ?から始めないといけない気もするし、念に形があるのかどうかという疑問ある。
「たったそれだけ」という強い思いがあることはあるらしい。
それ自体が美しいことかどうか。
ひょうたん型は質問をかわす能力に長けているから・・ただ眺めておるだけ。
海彦 | 2012/05/08 2:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045073
この記事に対するトラックバック