原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アルバム | main | 除染 >>

穴穴

 想像の穴から酒の疼きだす

やつれたから悪の手下になれる穴

穴だって上半身があるばかりに

小欲は漢字一字の穴まどい

こtrを逆手に持つか逆手に取るか

TPPを1対99と読む

思い通りに拙く演じすぎたマフィア
- | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

TPPを1対99と読む
 
 そういえば・・ぱっと見 そう読める。
反対の99と賛成の1の顔が浮かんでくる。
1の顔は素晴らしい。
そういう人に私もなりたい。






るる | 2012/01/02 9:48 AM
小欲は漢字一字の穴まどい


椎名りんごさんが「欲しいものなんかなんにもないのよ・・
欲しいものなんか ほしいものなんか」
と妖しく歌った紅白。
その裏側には「たったひとつだけなのよ」
という気持ちが込められている。
それほど愛されているとのもかなり苦しそうな気もするが。


雨 | 2012/01/04 10:36 AM
やつれたから悪の手下になれる穴

やっとそのときがやって来た。ある年齢になって覚悟というか、自信というか
「周りの目が気にならなくなったから自由になった、これからは思うように生きられる」と言う人が現れた。
おっいいな、と思った。
やりたいことがはっきり見える、したくないこともはっきり分かる。
急に視力が良くなったみたいなすっきり感。
ごちゃごちゃしていた物がきちんと分別出来るっていうのはいい。
あこがれの穴に近づけるのもいい。
スバル | 2012/01/05 4:00 PM
穴だって上半身があるばかりに

 人間を上と下に分けて考えるのもなんだかなあ・・という気もするが。
足の方から消えてゆくという夏の話もあるけど。
穴も生きているらしくて、それなりの変化があるらしい。
ずっと同じではやはり退屈、変化を味わうのも生きている実感を味わうということではないかと思う。
掴んだはずの物が落ちたり覚えたはずの物が抜けていたり、賑やかな今日この頃。
玉井 | 2012/01/09 7:59 PM
思い通りに拙く演じすぎたマフィア
  
  思い通りに出来たのなら満足のはずなのですが、心の中に生まれてくるぶつぶつは
なんか違う、と言っているようです。
後悔には二つあって、しなかった後悔と
あんなことをしてしまった後悔だそうです。
 人は満足しないように出来ているのかも知れません。
ほたる | 2012/01/19 3:12 PM
こtrを逆手に持つか逆手に取るか

○○を逆手に持つか逆手に取るか ○○は適当に入れて楽しむことが出来るでしょう。
 ナイフ・・ペン・・それとも公約?
ものは思いようだし、考え方次第。
身が軽くなる方向で思いたいもの。
あかり | 2012/01/24 10:48 AM
想像の穴から酒の疼きだす

 想像の質量について語られることがないのはなぜだろう?
 もっと重きを置くべきことではなかろうかと思っている。
 なにもない空間に大きな穴、そこからあふれてくるもの・・
 心を満たしてくれるもの、やわらかく私を持ち上げてくれるもの、
 見たことのない色、絶妙。            
千絵 | 2012/02/05 9:12 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045070
この記事に対するトラックバック