原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 意 | main | 穴穴 >>

アルバム

 「だ」で終わっても「る」で止めてもアルバム

くちびるに沖縄を犯した時間

灰汁と出汁竹と書いても桐と読んでも

ユダは身内に一事不再理の理由

- | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

「だ」で終わっても「る」で止めてもアルバム
もう今年もあと少しになりました。
来年のカレンダーも出番を待っています。
いろいろあったなあ・・と振り返る線(白線のような)が一年の終わりでしょうね。
「だ」ときっぱり言える日も、すこしとまどいの残る「る」で終わる日もみんな愛しい日々です。
ゆう | 2011/12/13 10:46 AM
くちびるに沖縄を犯した時間

うっかりと言ってしまった「くちびる」ではないでしょう。
思い出の中のくちびるでしょうか。
なにか言いそうで・・なにも言わないくちびるは意味深。
きんぎょ | 2011/12/14 3:45 PM
灰汁と出汁竹と書いても桐と読んでも

 灰汁と出汁、竹と書いても桐と読んでも
 と読むのかなあ・・
難しい読み方はいろいろあるらしいが、子どもの頃本を読んでいて読めない字を全部飛ばしても本は面白かった。
すこし成長すると読めなくても大体こうだろうと読んだ。それでいいのだと読んでいた。
 他人はいろいろ言いたがるもの、どうにでも読んだり書いたりしてくれ。
 それにしても、どう読んでもいいというのは楽でいい。
 
るる | 2011/12/15 3:57 PM
ユダは身内に一事不再理の理由

 自分のこと他人の事、遠い人々のこと、
どれもホントの所は解っていないと思う。
本の中の人、映画の中の人だって、読んだり見たりだけで解るはずもないことだし。
自分の身の回りで起こった事実だけは、
理由はともかくとして、事実だと解る。
なにもかもきっと私のせいだろう。
アリス | 2011/12/16 3:11 PM
くちびるに沖縄を犯した時間

沖縄が日本に戻ってよかったよかった、と祝ったのは随分昔のことのように思える。
 沖縄の歌は過ぎ去った時間を忘れないと
いうように聞こえる。
冬が来て春が来て・・夏。
くちびるが忘れぬもの。今も石のような沖縄。
雨 | 2011/12/17 2:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045069
この記事に対するトラックバック