原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 満中陰 | main | アルバム >>

 筒状の意から袋状へ痛いいたい

濾過紙をくぐり抜けたんだから意でしょう

解凍すれば濡れて輝く意味

月の香を宿して重い胃液の意

不意を釣り上げて三枚におろす

意中の意も意の外もストリートパフォーマンス

炭素菌に脳を注入してごらん

ふうせんかずらお乳のしあわせ宅急便

シンプルイズベスト二人殺したから死刑

化学から物理へ君の殺し方

最初はグー ユバはユダよりもっともっと

石灯籠を漬物石にする おもい

死は此岸時間は弛緩してしまう

主文ゴーヤは無罪向こう岸

生も死もウオシュレットに慣れた岸

片陰の岸がむっくり起き上がる
- | permalink | comments(14) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

石灯籠を漬物石にする おもい


ときどきはその火打ち石で自分の燃えそうな所に火をつけていた。
簡単に火がついて木に登ることも、そこから飛び降りることも出来た。
何をしても楽しかった頃の想い出。
想い出は役に立ちますか?と問われた。そうですね、あればあったで
漬け物石くらいの役には立つと思うんだけど・・。
きんぎょ | 2011/11/16 1:37 PM
筒状の意から袋状へ痛いいたい

変わることにストレスがあるという状況はよく分かる。いつもと同じは、やはり楽だし安心安全。
どこかで「安心安全」を繰り返す人を信用してはいけない。ということも聞いた覚えが。
痛くても辛くても変わってみたら空気はおいしいかも。
太陽 | 2011/11/18 9:26 AM
濾過紙をくぐり抜けたんだから意でしょう
イカ茸というきのこがあるという話をテレビで知りました。
相談者はどうしてもそのきのこを見たい、しかも卵から成長して足を開くところを見たい、というのです。きのこの専門家びっくりの注文。
専門家のネットワークでイカ茸の発生地が判明。朝開くことが多いそうで
見つけた主婦その夫、キノコ先生、相談者テレビカメラが駆けつけました。
うす汚れたタマゴのような物体。少し破れイカ足の一部は見えているけれど、いつ開くのか・・・。
主婦も夫も、キノコ先生も仕事が・・。どうしても見たい人とテレビカメラだけが目撃!逆さまになったイカが伸びて足を開くところ。中心にはイカスミもたっぷり。
どうしても・・・は何かに通じるということでしょうね。
みどり | 2011/11/19 1:32 PM
生も死もウオシュレットに慣れた岸


便利で清潔な生活は何かを失っているというエッセーを読んだような気がする。
いらないものの中に老人も入ってしまうという粘土のような話だった。
不潔な物不、都合な物、無駄と思えるもの、
それらは豊かさでもあったという過去形は怖い。
スバル | 2011/11/22 1:15 PM
不意を釣り上げて三枚におろす

たいていの事は不意に起こる。
釣りの準備はしていないときにおきるから「不意」。
それを吊り上げるのは、達人か天才か。
その上に鮮やかに三枚におろすとは・・・。
もう参りましたという他はない。
明日かあさって、一週間後、何事もおきなければよいが・・。
スバル | 2011/11/22 1:22 PM
シンプルイズベスト二人殺したから死刑

それがルールみたいな?
前例を参考にすることを基本とする・・みたいな?
面倒なようで簡単、まあ人ごとなのだろう。
るる | 2011/11/23 3:28 PM
化学から物理へ君の殺し方

 だんしがしんだ  とスポーツ新聞の大文字。
本人の名言は多すぎて本にしないと・・。
100年後俺は生きている、というのもあった。子規も龍馬も30歳代で死んだが今も生きているのだから、きっとホントだろう。
それはそれとして、心の中にあるものを消す方法はあるのだろうか。
山 | 2011/11/24 3:22 PM
最初はグー ユバはユダよりもっともっと
  
  ○○はおいしいの? の○○にいろんなことを入れて遊んでいる人がいた。
円高っておいしいの? 一人暮らしはおいしいの?ポイント五倍っておいしいの?
TPPっておいしいの?
女子アナっておいしいの?というのもあった。
ユバって・・ユダってどっちがおいしいの?
ほたる | 2011/11/26 8:46 AM
片陰の岸がむっくり起き上がる

 「階段を濡らして昼がきてゐたり」摂津幸彦
 濡らしているのは影かもしれないと思っている。
影は徐々に動いて動かない物を持ち上げたり折ったり起こしたりしそうだもの。
音もなく、なるべく気づかれないようにすごいことが行われているというのは
愉快なことのひとつ。
メロス | 2011/11/28 10:10 AM
主文ゴーヤは無罪向こう岸


向こう岸へ近づいているあなたへ 
詩を朗読するトヨさんの声は鳥に近づいている。
定員一人の白い舟が岸を離れるとき、罪は木の葉に変わるとか?
もう一度まっさらになるための船出なのだもの。
めい | 2011/11/28 1:47 PM
解凍すれば濡れて輝く意味

長い間凍らせておいた言葉はちょっとまずくなっているかもしれない。
解凍に3日はかけて欲しい。
それくらい時間をとれば・・なんとか音も思い出す事が出来そう。
おいしいね、きれいだね、うれしいわ、
ありがとう・・
忘れていたいろいろなことを思い出す。
濡れて輝くいろいろなこと。
アリス | 2011/11/30 3:17 PM
月の香を宿して重い胃液の意


見上げれば皇帝ダリアと皇帝ひまわり。
重たい名前をもらった花はうれしいんでしょうかねえ。
視線を落とせば、おなじみのあかまんまやノジギクが普通にある。
ふつうがいいかもしれない、とふと思う。
愛 | 2011/12/02 1:42 PM
死は此岸時間は弛緩してしまう


「此岸」「こちらの岸、生死を繰り返す迷いのこの世界」と辞書に。
この世は迷う所なんですね やっぱり。
生きているのか、死んでいるのか・・見えないだけか、忘れただけか。
時間は延びたり縮んだりして迷いを深くするらしい。
アリス | 2011/12/07 1:31 PM
炭素菌に脳を注入してごらん

妙な事件が多いのは年末になったからだけでもなさそうな気がする。
テレビやアニメやゲームのせいばかりでもないだろう。
原発が堂々と数を増やしていることだし、不都合な言葉は訳の分からない
言葉に置き換えて足場を守るし、ちょっと垣を越えることくらいいいんじゃないか、
と思う人が増えているのかも知れない。
発想を変える手段に炭疽菌、ありかも。
玉井 | 2011/12/07 1:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045068
この記事に対するトラックバック