原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀お銀 | main | 日記 >>

 あんなポーズで母になったんだから塔

鬼の首という君の好きな菓子

清流を終わったこととして話す

好きなように産んで育てる天地無用

缶ビールは冷えて頭の良い人がボケる

素数ゼミ周期ゼミスパイ大作戦

刺青は文化だから「みなさん」と呼ぶ
- | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

あんなポーズで母になったんだから塔

百歳の自分、想像出来ない。
かって三十歳の自分も想像出来なかった。
過ぎてしまえば、たいがいのことはなんでもないことだと分かる。
だってこうやって生きているんだもの。
怖い物がなくなるって・・哀しいかも。
ななみ | 2011/08/12 8:46 AM
刺青は文化だから「みなさん」と呼ぶ

 「文化」・・・便利なことではある。
いいことを聞いたから友だちに知らせよう。
今じゃメールでどんどん広がってゆく。
そうなるともう伝達も文化と呼ばれる。
「刺青」を現象ととらえれば、反応する人々の数が多いほど文化に近い。
いいことも悪いこともだまって見ているだけの人はほんとに少なくなったような気がする。
ソーダ | 2011/08/13 1:23 PM
素数ゼミ周期ゼミスパイ大作戦
「周期ゼミと素数ゼミ」という話をぱらぱらと読んでみた。
大まかなことでは「交雑を避ける」というのが目的であるらしい。
蝉がそんなことを考える能力がある?
神と呼ばれるマザーの力と思う方が納得が出来る。
地下での長い長い時間をどう過ごしているか、知りたい。
実はそちらが楽園だったという設定もあり得ることだし。     
るる | 2011/08/15 2:41 PM
清流を終わったこととして話す

ドラマは終わってからが面白いということもできる。
事実とはちょっと違う美しさを見つけることも出来るだろうし。
あれは・・・300年ほど昔のこと
 たったそれだけでわくわくしてしまう。
お話しをしてくれた人を忘れない。またいつかきっと続きを聞かせてもらえるだろう。
アリス | 2011/08/16 3:49 PM
鬼の首という君の好きな菓子

駄菓子屋にあったのも「鬼の首」、図書館にも体育館にも楽屋にもあった。
ちょっと疲れたとき、一つつまんでほっとする。
家に帰って誰もいないとき、誰でもすることは「冷蔵庫を開けてみる」だと思う。
きっと「鬼の首」を探しているんだと思う。

アリス | 2011/08/16 3:59 PM
缶ビールは冷えて頭の良い人がボケる

お盆に帰ったという田舎での話が出た。
シカさんもネエ・・とうとう都会へ引き取られ、もうだめ。
りすさんは入院中らしい。頭のよかったカバさんは・・・
いろんな情報がビールの肴。
またお月見で一杯やろう。

太陽 | 2011/08/17 2:13 PM
好きなように産んで育てる天地無用

難しそうな問題も、見方を何度か変えると隙間が見つかることもある。
実際、私たちは面倒なことをなんとかかんとか乗り越えて波に浮かんでいるんだし。
欲を少なくすれば浮きやすいと言うこともあるし。
生き方を比べるのはナンセンス。
ミミ | 2011/08/19 3:23 PM
刺青は文化だから「みなさん」と呼ぶ

「刺青は見えないように」という条例のある海水浴場は週末も混雑しなかったらしい。
刺青は見せるためなんだろう。
茶髪が問題になったのも昔話。
刺青はお洒落のひとつになったんだろう。
数が多いと勝つのはどの世界も似ている。
まい | 2011/08/21 9:35 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045064
この記事に対するトラックバック