原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< びーどろ | main | 長律 >>

七十惑わく

 七十惑わく短時間睡眠型の川柳

赤って言うと馬鹿って言うカフカとガフ

位は態を表すテレパシーごっこ

事実は消えるヘアーがワイセツだったころ

否定形のない活用をする川端康成

ペラペラと標準語はらはらと鰹だし

ミニトマトかプチ玉葱か男性不信

点の点は三つか四つかてんでぱらぱら

一罰百戒いちはつはアヤメ科

いちはつはアヤメ科誰とでも何となく

鯨の性器は二十世紀の痕跡器官

鯨より地獄のほうが科学的

竹光の過去を暴いて咳くしゃみ
- | permalink | comments(14) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

スタンダールの黒い表紙も不毛地帯

もう一度読んでみようか・・・多分読まないだろうなあ。
いつの間にか時間が降り積もり、本その他の色はどんより重い。
ラジオでカルメンの解説を聞いても、とても遠い事のようにしか思えない。
泣くことも少なくなった。多分全体の皮膚が厚くなっているのだろう。
それは、強くなったとも言えるのだろう。
千絵 | 2011/05/31 11:03 AM
赤って言うと馬鹿って言うカフカとガフ

先生のいうとうりにすればこんなにきれいなコサージュが作れます。
というけれど、コピーされた図面、与えられた色と形、はみ出さないように切ってまとめる作業。何が楽しいのか分からない。
赤って言うと馬鹿って言うのはいいなあ。生きている気がする。
ゆう | 2011/05/31 3:00 PM
ペラペラと標準語はらはらと鰹だし

どんだけしゃべっても、特急列車みたいに通過するだけ、だとしたら
空しいというよりばかばかしい。
早口の相談者に「で、何が問題なの?」
といってみると、もうそれだけで問題は消えかかっている。
問題は自分であることに気づくのは素晴らしい。
太陽 | 2011/06/02 1:19 PM
一罰百戒いちはつはアヤメ科

ああ知らなかった「いちはつ」というアヤメ。名前がいいですね。
いちはつの 花咲きいでて 我目には 今年ばかりの 春ゆかんとす 子規
歌まで添えられて紹介されている。
アヤメ咲いて人々になにを伝えようとしているのか・・ただ咲いているだけのアヤメに意味を持たせようとする人間って。
きんぎょ | 2011/06/02 1:29 PM
ミニトマトかプチ玉葱か男性不信


そうだったのか。指図する男性は女性の考え方を知らず、
不満に思う女性は男性の頭の中が分からない。
ミニトマトもプチタマネギも猫も、そのまんま認める。それが一番。
お互いに「そのまんま」のいいところを認めよう。多分生きやすくなる。
男性脳と女性脳は別物だというのだから。
サスケ | 2011/06/03 3:26 PM
鯨より地獄のほうが科学的

 鯨と地獄を並べてみようとした人はかっていなかったと思う。
どっちが偉い?どっちが重い?どっちを見たい?・・
地獄の方が科学的という展開には「参りました」というしかない。
こういうことを誰かに言って欲しかった、のだと今気がついた。
きいろ | 2011/06/03 4:13 PM
いちはつはアヤメ科誰とでも何となく

会ったらあいさつをしよう。お天気のことでもいいから声を出そう。
いつまでたっても、花語も鳥語も理解出来ないからそうしよう。
ほたる | 2011/06/05 9:18 AM
事実は消えるヘアーがワイセツだったころ


そういえば・・・あの女優を見ていない、もう名前も思い出せない。
清純派だと思っていたら違っていたとかで、消えたあの人。
どうでもいいことを全国的に騒いで穴に落とすことを今も繰り返している。
そうこうしている内に「何があった」かもどうでもよくなる。
当人はどう思っているんでしょうねえ。      
ミミ | 2011/06/05 9:28 AM
七十惑わく短時間睡眠型の川柳

七十は若いそうです。惑わくがあればいつまでも元気でいられます。
目が見えにくくなるのは「そんなにあら探しをしなくていいよ」ということだそうです。睡眠時間が短くなるのは「残り時間をわくわくに使いなさい」ということでしょう。
さおり | 2011/06/07 9:01 PM
位は態を表すテレパシーごっこ

リーダーの資質について山本一力さんが語っていた。
昔々から運のないリーダーの時代には天変地異が起きやすい(歴史的事実)。
やはり強運のリーダーが必要であるらしい。
この国のどこに、そのようなリーダーがいるのだろうか
太陽 | 2011/06/07 9:11 PM
否定形のない活用をする川端康成

河端康成である。川端康成のとき。川場康成になれば。川端康成なれ。
もう完璧に川端康成。誰がなんと言っても川端康成。
川端康成じゃないという言葉は美しい日本のどこかへ埋めた。
つらら | 2011/06/07 9:22 PM
鯨の性器は二十世紀の痕跡器官

ここにあるような川柳はだめなんです。
真情美の世界にどっぷりしていたいんです。新しいことに頭がついていかないんです。
とどこかのおじさんが話しているのを聞いた。
まあ好きにするのが精神衛生にもいいでしょうね。
基本をしっかり学びたいとも言っておられましたが・・・
基本は飛ぶための助走にしたいな。
れもん | 2011/06/08 9:11 AM
点の点は三つか四つかてんでぱらぱら

 あれとこれは絶対違う、似ていても違うものは違う。
まあいいかとは言わないことで背骨が真っ直ぐなのだ。
三つならどんな感じ?と想像するのもけがらわしいのだという。
大変ですねえ・・疲れるでしょうねえ。
どっちかと言えば・・どっちでもいいという広場で遊びたい。 
ねこ | 2011/06/09 3:25 PM
竹光の過去を暴いて咳くしゃみ

 純文学そのままのような映画の中を風がゆるやかに吹いている。
遠い景色の中で人が人として暮らしている。過去も今と同じ色あいで、
時間の幅がやたらに広い。
なにも問わないというのは・・・やっぱりいいなあ。
みどり | 2011/06/10 3:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045060
この記事に対するトラックバック