原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8の字の穴 | main | びーどろ >>

私の十年

 クリームソーダー薄く私の十年ひとむかし

コピー^は楽だし一字変えれば私の十年ひとむかし

言葉は言葉に恋をして私の十年ひとむかし
- | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

クリームソーダー薄く私の十年ひとむかし

「未来」にはもの凄いことが起こるというような感じを持っていたが、21世紀になっても大したことは起きていない。
平均80年とかの人生もクリームソーダのうすい色のようなものかも。
しかしこの10年、なんとなく幸せだったみたいですね。
めい | 2011/05/13 2:35 PM
コピー^は楽だし一字変えれば私の十年ひとむかし

返事を聞かなくても、多分こう言うだろうと分かる。
3くらい聞けばおよそのことがわかる。
何十年も同じ事をいい、同じ返事をしてきたんだもの。
たまには目の覚めるような言葉を投げつけてやろう。
アリス | 2011/05/16 8:42 PM
コピー^は楽だし一字変えれば私の十年ひとむかし

5年日記のメモを読んでみると、買い物に行った、親戚の誰彼がやってきた。
誕生日のプレゼントを贈った。葬式があった。花が咲いた。
こんな事の繰り返し、大したことの起きでいない証拠だからまあいいか。
十年って短いなあと両手を出して違いを探してみる。
さおり | 2011/05/16 9:07 PM
言葉は言葉に恋をして私の十年ひとむかし

「恋」という字はどこで出会ってもはっとする。
まあ・・こんなところにもいたのね。
どこに隠れていたのよ、すっかり忘れてしまうところだった。
ろくでもないニュースにうんざりしているときにはちょっと顔を見せて欲しい。
アリス | 2011/05/19 12:50 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045058
この記事に対するトラックバック