原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< りんかい | main | アウトロー >>

 放射能だって配っちゃったんだね海水

鍵穴は臨界で合鍵を拒否

鏡を置かれて逆戻りした視線

カーブした視線で足を踏み外す

午前二時の箱階段も臨界

生きてる限り結果が全て下二段

二月のスランプは電気カミソリ嫌い

季語を覚えて俳句がじょうずになった気になる

平凡な言葉で胸は豊かに

なぜ酔えないか貝に記憶力

時計と時間は無関係で死刑反対

死刑に反対できない仏教が稼ぐ

ミュージカルを認めない川柳の未来

姓は左名は春の季語だろう

邪心なにぬねの興味はひふへほ

今日は珈琲を飲まず一句殺す

三十分で効く男言葉矯正術
- | permalink | comments(14) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

平凡な言葉で胸は豊かに

言葉の力、とよく言われる。
難しい漢字の言葉が偉そうに並んでいることも一つの力ではあるだろう。
殴るときはそれでいい。
ふんわりと抱くときのことばは平凡に限る。
10年たっても忘れないことばになるだろう。
順一 | 2011/03/29 10:32 PM
時計と時間は無関係で死刑反対

 はっとする「時計と時間は無関係」。
もうべったりとくっつけて考えていた長い時間。
おいしい水が体内に満たされるような感じがする。
そうなんだ。 誰にでも家族と無関係な時間があるように。
きんぎょ | 2011/03/30 2:10 PM
放射能だって配っちゃったんだね海水

仙台から手紙が届いた。まだガソリンは不足しているけどなんとか元気とあった。
ああよかったよかった。
放射能はどのように運ばれてくるのか・・まだ油断は出来ない。
風や波やさしさや、ことばにまでも交じって運ばれてくるかも・・・。
アリス | 2011/04/01 1:54 PM
鍵穴は臨界で合鍵を拒否

 私も自分にしか興味が無いタイプかも。
人の意見に耳を貸さない。
言いたいことはどうしても言ってしまう。
たくさん聞いてすこうし話して、なんて偉い人が言っていたなあ。
しかし、やっぱり、充分に手足を伸ばして気持ちよく生きる方を選択したい。
いまさら変わることは無理だと思う。
桃子 | 2011/04/01 9:48 PM
ミュージカルを認めない川柳の未来

まずそのカタカナがいけない、から始まってお説教は続くのです。
誘ってもミュージカルを観に行こうともしないですね。
いつもと違う場所は怖いですか?
たまにはフランス料理を食べに行きましょう。
愛 | 2011/04/01 9:58 PM
生きてる限り結果が全て下二段

「あなたは何をしてきましたか?」「ご飯を作ったり、片付けたり、こまごまと汚れを取ることをしてきました」
「他には?」「他のことをするような暇はなかったのです」
他が重要なんだろうかねえ?
サリー | 2011/04/04 9:42 AM
邪心なにぬねの興味はひふへほ

ぬめっとなにぬねの。はらりひらりとはひふへほ。
水溜まりのような小さな池(?)へ桜の花びらが散ってゆくのを
複雑な気持ちで見ています。風任せとはいいますが、できれば違うところへ・・
待っているなにぬねの。浮かれすぎのはにふへほ。
ぺぺ | 2011/04/05 8:58 AM
カーブした視線で足を踏み外す

ひとり時間差というのが意外な効果を生み出すこともある。
視線の方が先に曲がってしまったんだからしょうがない。
いつもと同じ歩き方ではこうなるのもありかな。
やらなければならない事が多すぎるときも、身体より先に出てしまう意識というものがあってかなり危険。
花時はよくよく慎重に。
スバル | 2011/04/06 2:19 PM
午前二時の箱階段も臨界

夜中に目が覚めてふらふらと階段を下りる。
ひぇー!消したはずの物たちが復活している。
あわてて全消去ボタンを探し、とりあえず消した。消えたかな?
振り向いてみると・・やっぱり消えてないみたい。
これは悪夢だろう、そうだそうだ悪夢だ、ということにして
別の夢の続きを追うことにする。
アリス | 2011/04/06 2:30 PM
鏡を置かれて逆戻りした視線

平均体重を十五キロオーバー・・ついにここまできてしまった。
膝や腰が悲鳴を上げるようになったので、なんとかしないと。
何が出来るか考えてみる。他人様は考えるまでもなく五つくらいのアドバイスをくれる。どれが一番楽だろうと聞いてる。
楽して楽になりたい。いけませんか?無理ですかね?
三歩 | 2011/04/06 2:40 PM
季語を覚えて俳句がじょうずになった気になる

春は特にその傾向がある。新しいノート筆記具を前にして、真面目な自分がいることを喜ぶ。確かなものを手に入れた訳でもないのに。
週刊誌に「うどん屋のやくざと情夫花の昼」川上弘美 という句があった。
季語もあるけど、季語を頼りにしてはいない。
ま、何か出来そうな気になれるのはいいことでもあるだろうね。
太陽 | 2011/04/07 10:22 AM
なぜ酔えないか貝に記憶力

 歯医者から「今日は予約の日となっておりますが・・」という電話を
今月ももらった。
なぜでしょうかねえ。 自分にいろいろ質問してみたいことはいっぱいある。
好き嫌いによって、記憶にも濃い部分薄い部分に分かれているらしい・
小さな物が確かな記憶の部屋まで連れて行ってくれることもあるでしょう。 
パンクしないように記憶の小部屋は立体的に分けられ、
不要な物は下の方になっているのかもしれない。
ななみ | 2011/04/08 2:55 PM
二月のスランプは電気カミソリ嫌い

掃除機が嫌いという日だってあるし、炊飯器を嫌いになるときもある。
自分のことは棚に上げておいて、もっとやわらかい対応が出来ないのかと思ってしまう。
虫の居所はわからないもので。
さて四月はどんな月になるでしょう。

けい | 2011/04/09 1:57 PM
平凡な言葉で胸は豊かに

 テレビにダラダラ流されていることば
こころは誰にも見えないけれど「こころづかい」は見える。
思いは見えないけれど「思いやり」はだれにでも見える。
ちょっと鼻についてきたなあ・・と思っていたら、あれ宮沢賢治の「行為の意味」という詩から抜き出した言葉だという。
ちょっと、みすずの詩にも似ているような。
もっと力を抜いてもいいとも思う。
胸を豊かに、形のことではないと思う。


ソーダ | 2011/04/10 2:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045054
この記事に対するトラックバック