原田否可立の川柳雑記帳

一進流珈琲屋焙煎人 原田否可立の川柳等を書きます
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 儂か俺か | main | 100パーセント >>

 かきくけこくたいの音がこそばゆい

油まみれの音でギアーが入ってしまう

ネコだましの音で別れてしまったような

ボケなきゃできない句の間合い

文法だ送り仮名だとボケを許す

南禅寺預かり物という意識

見届けることが処刑か思いやり

冷蔵庫のもめん豆腐が啖呵を切る

知っていると言っておきなさい極楽

年齢に負けた女にさえ負ける

いろは順に死ぬのは不公平だから

- | permalink | comments(11) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

いろは順に死ぬのは不公平だから

あいうえお順でもなし、公平なのかも知れませんね。
老老介護の元気だった方が先、という話はよくあるし、元気でも病気があっても大差はないと思います。
最近の寒さで寒さに強いと言われていたカランコエの花も葉もぐったりです。
いまさら場所を変えても取り返しはつかないでしょう。
しかしもしかしたら・・ということもあり。
分からないことがあっての幸せ。

桃子 | 2011/01/19 1:57 PM
ネコだましの音で別れてしまったような

パン!で今までの宇宙は一切消えて、別の宇宙へ移ったということも
 考えられる。全てが新しくなるとすれば・・・ネコだましはすごい。
別れるというのはどういうことだろう・・。川は別れて別の方向へ流れる。
人は別れてどうなるんだろう。経験不足でよく分からない。
ただ誰とも別れたという実感はないのが不思議。
アリス | 2011/01/19 2:11 PM
ボケなきゃできない句の間合い

武道家でもないのに武道の技を編みだした先生がいる。テレビで見た方もいるでしょう。
あれです。バカになってみる(顔も)と
相手より0,5秒先に動けるそうだ。
だから負けない。
呆けるとは武蔵の「空になる」に通じるところがあるのかも。
とても興味深い。
つらら | 2011/01/21 2:32 PM
かきくけこくたいの音がこそばゆい

どこで切るかなんて悩むのはやめよう。
か、き、く、け、こ、どの音もこそばゆい。
近くて遠いところをひっかかれている音のような。
もうすこしで何の音かが分かりそうで、分からないような。
つらら | 2011/01/21 2:36 PM
文法だ送り仮名だとボケを許す

川柳はしているが、川柳については何も語らない。普通のグループにいる。
入選句はいい、その他はいけないという教え方だろうか。
でもそこからははっとするような句が生まれないのも事実。
問題にされるのは文法だとか送り仮名だけなんて・・悲しいなあ。
山 | 2011/01/22 10:01 AM
冷蔵庫のもめん豆腐が啖呵を切る

 豆腐百珍という本を買った。まあいろいろな食べ方があること。
でも私は冷や奴か湯豆腐か味噌汁の具にするくらいでいいと思っている。
あまりにも手を加え、豆腐の言い分を聞かないというのもなんだから。
けっこう豆腐って偉いといつも思っているんです。     
けい | 2011/01/22 10:06 AM
南禅寺預かり物という意識

南禅寺は、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつというが、
どのくらい偉いのか凡人にはよく分からない。
命は預かり物であるという言葉は言葉として知っている。
南禅寺豆腐のやわらかさはまさに預かり物のようでもある。 
太陽 | 2011/01/24 2:05 PM
年齢に負けた女にさえ負ける

負けるくらいなんじゃらほい、
昔の人は負けて勝つとか言っていたけど、
どうやって・・の部分は個人に任されていたんだ。
とりあえず、寝てないで座ってみよう。
それに慣れたら立ってみるのもいいかも。
徐々に遠くが見えて足元のことなどあほらしいと思えてくるかも。
るる | 2011/01/24 2:10 PM
見届けることが処刑か思いやり

 美しい花は華やかな場所で輝くことを望んでいるだろうか。
 普通の生活を取り上げられた少女達はどうなるのだろう。
 亡くなった人は「最後のお別れ」を望んでいるのだろうか。
メロス | 2011/01/27 11:03 AM
知っていると言っておきなさい極楽

流れというものがあるのですから・・・。
ここは「知っている」と言っておいた方がことがうまく進んで行くでしょう。
ヒヨは嫌われ鳥、メジロは愛らしいのに、
なぜでしょうねえ。あの灰色の羽と可愛くない声。さかんな食欲。
しかし、ヒヨについてわたしたちはどれほどのことを知っているでしょう。
見た目で嫌っているだけ。
めい | 2011/01/28 8:50 AM
油まみれの音でギアーが入ってしまう

あっ店がない!やっと探し当てたと思っていたのに。
あるはずの物、いつもそこにあるとは限らない。一度だけしか開かないドアもあるという。「またね」とは言ったが二度とそのドアは現れない。
あのドアの開く音まで覚えているのに。
ななみ | 2011/01/31 1:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-coffeeya.com/trackback/1045047
この記事に対するトラックバック